中林病院 出産レポート1

妊娠・出産
中林病院での和痛分娩出産レポートです。
長いので箇条書きにしています。

予定日2日超過していて、毎日床の雑巾がけをしていました。。
すると、なんとなくお腹が痛い?トイレにいくことに・・・

すると、おしるしが!?!?

<入院1日目>

8:50 おしるし
足からつたるくらいの薄い赤い粘性のあるもの。
トイレのそこに溜まるくらいの量。

9:00 中林病院へ電話
荷物をもって病院へ来るように言われる。
入院バック1個だけ持っていきました!

 

10:00 タクシーで移動し、中林病院で受診する
子宮口1cm
予定日2日過ぎているし、麻酔分娩したいのでお願いする。
入院が確定する。

 

11:00 麻酔科の先生にチューブいれてもらう
全然痛くない!背中丸めて針2-3本入れられる。
優しい麻酔科の先生で声掛けも抜群。むしろ、右手の促進剤の針の方が痛い!(笑)
 →試し麻酔いれていく。腰あたりがじんわりあたたかい。この時点で麻酔のチューブいれただけ。

 

11:15 生理痛みたいな鈍痛

12:00 内診
子宮口開かせるお薬を入れる。(プロスタグランディンE2(PGE2)錠)
→膣口からいれる。痛みあり。

 

12:20 入院する部屋へ移動
促進剤の点滴いれる。
17時まで間隔の短い陣痛こなかったら、
本日は促進剤を中止すると説明される。
点滴しながら、トイレいくことを説明される。

 

待機。
身体が自由なうちに身だしなみ整える。
歯磨きと洗顔完了。

 

13:10 眠気襲来
検温36.9

 

14:00 眠い ベッドに横になる
間隔的に下腹部が痛む

 

15:00 トイレ行く(まだ自力でいける!)
看護婦さんにNSTチェックをされる。
「陣痛のってきてるね」「 汗じんわり出てきてるね」と言われる。
腰あたり痛むことをつたえると陣痛が腰から来るタイプと説明される。
腰と下腹部どちらもいたくなってくると赤ちゃんの頭がどんどんさがってる証拠みたい
→今日は産まれないと言われてたけど、もしかしたらもしかするかも?といわれる。

 

15:26 ベッドでうとうと、下腹部の痛みで起きる
おしりの穴に痛みがくる。

 

17:30 食事 (まだ麻酔は管だけなので、食事がとれました~おいしかった~)
安定的に張りがくる。
白身魚の梅しそソテー

 

19:00 先生内診
血が出る 促進剤抜き取る
子宮口3cm
子宮口グリグリ刺激される
→本日の目標達成といわれる。
子宮口ぐりぐりよりも促進剤を抜き取るときのほうが痛かった。。
陣痛を軌道にのせるため、痛みに耐えられなくなったら
麻酔いれようと伝えられる。(この時点では管のみを通している状態)
様子見~数回の陣痛に耐える。
寝ているよりも座ってる方がお腹が張ってる。

 

19:40 助産師さんの内診
陣痛不規則だから、もうすこし様子見ましょうと言われる。

 

20:00 トイレ
ドロっと経血。
子宮口が開いている証拠なのかな。

 

20:42 内診→点滴、NSTストップ
陣痛が不規則のまま、麻酔いれるのはお産が進まないので様子見といわれる
痛みが強くなったらナースコールしてねと言われる。

とにかく手の点滴が痛くて、点滴を一旦抜いてくれるかと思ったのに
抜いてくれなくて、え~~~がっくし。(実はとっても痛い)
針が太くて痛かったな~~

 

21:00-24:00 ひたすら陣痛に耐える
トイレいって出血確認。→破水
麻酔いれたいけど、陣痛時間が一定ではないので自己判断で断念。
(後程、この時点で麻酔やっておけばよかったと後悔。)

 

1:00-6:00 仮眠とるが、陣痛で起きたりを繰り返す
麻酔いれるとお産がすすまないので、5-7分間隔の陣痛に耐える。
ソフロロジー法で陣痛の痛み逃し習得して陣痛がそこまで辛くなくなる。

 

振り返って思うこと

我慢せずに1日目の21時くらいに麻酔いれていればよかったと後々後悔しました・・
9時間くらい陣痛を耐えることなかったと後から先生にも言われました(笑)
麻酔分娩をすると決めたなら、陣痛がすこしでも辛かったら
麻酔入れてもらうことをお勧めします!

 

つづきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました